セラピスト一覧へ

水島 栄

水島 栄


経歴・プロフィール

英国国立Surrey(サリー)大学遊戯療法修士
大阪大学大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学・連合小児発達学研究科修了
小児発達学博士
英国遊戯療法士(2000)・臨床心理士資格取得(2011)東京臨床心理士会所属臨床心理士
国立成育医療研究センターこどものこころ診療部、福井大学附属病院子どものこころ診療部を経て、現在、中央大学理工学部人間総合理工学科応用認知脳科学研究室・中央大学研究開発機構助教として子どもの心と脳の働きに関してfMRIや、fNIRSなどを用いて研究を行う傍ら、不適切な養育を経験したことによるトラウマや、発達特性によるトラウマを抱えている子どもと、その家族への心理支援を様々な技法を用いて行っている。
EMDRトレーニングパート2修了(2007年)、TF-CBT Training (2012), ADI-R(2012)/ ADOS2(2016)clinical、BASICPhマスタートレーナー(2014)、Brain Spotting Phase 1(2015)、
その他、TFT(思考場療法)、Brain Gym、CARE, Child-Parent Interaction Therapy, Filial Therapyなど子どものトラウマからの回復と、親子の関係改善にエビデンスのある心理療法を用いている。

近年の著作

「発達障害とトラウマ~脳科学的な観点から~」特集・発達障害Update「チャイルドヘルス」、Vol.19 No.5、診断と治療社、2016年5月
B PTSDの治療 各論「子どものトラウマに対する遊戯療法について」、「子どものPTSD 診断と治療」、診断と治療社、2014年5月

ごあいさつ

これまで児童精神科領域を中心に臨床と研究とを行ってきました。乳幼児から成人まで,幅広い年齢層の方を対象としていますが近年は小児期の不適切な養育体験によるトラウマや、発達特性のためにトラウマを抱えやすくなっている子どもと思春期児童に関わることが多くなってきています。子どもの場合、大人ほど自分の状態について言葉を使って説明することが難しく、そのため「遊び」をひとつの媒体として子どもの状態の評価及び治療に有効に生かしていきます。最近は、トラウマに焦点化したトラウマフォーカスト認知行動療法なども活用し、保護者も子どもの治療に参加する心理療法も率先して行い、治療後の子どもと親の関係がそれ以前よりも更に望ましい状態になるような取り組みも積極的に行っております。心理支援を開始する前にいくつかの評価を行い、個人の状態にあった治療法のご提案をさせていただき、状態改善のために本人・家族・治療者がひとつのチームとなるような心理サポートを提供いたします。

専門領域

子どものトラウマ、発達障害のこだわり・不安・トラウマ、子ども・大人へのPlay Therapy、Art Therapy

料金

初回アセスメント 60分 10000円
1セッション   60分 15000円

連絡先
mizushimakokoro@gmail.com

スペース白い花
心理療法・身体志向療法・自然療法・研修教育センター

〒166-0001  東京都杉並区阿佐谷北3−2−10
TEL 03-6454-6525